業界最新情報
RSS 
中文 日本語 English  | 
江蘇省のある電気自動車メーカーは日系企業3社の6種の自動車デザインをコピーし、中国で意匠出願した。本稿でご紹介する無効審判請求...
[ポイント] クレームには多義的な記載がある場合、無効化の勝算を高める観点から無効理由をどのように構築すべきか。 [概要] 弊...
裁判長は法廷で判決を言い渡した!最高人民法院知的財産法廷によるファーストガベルが叩かれた。


2019年3月27日午前、中国最高人民法院は、上訴人厦門盧卡斯汽車配件有限公司(以下、「盧卡斯社」と略称)、厦門富可汽車配件有限公司(以下、「富可社」と略称)VS被上訴人フランス瓦莱奥清洗系統公司(VALEO SYSTEMES D’ESSUYAGE、以下、「フランスVALEO社」と略称)、原審被告陳少強の特許権侵害紛争事件に対して公開による開廷審理を行った。最高人民法院副院長、知的財産法廷廷長、二級裁判官である羅東川氏は裁判長として、最高人民法院知的財産法廷によるファーストガベルを叩いた。

審理を経て、合議体は被訴侵害製品が本件特許権の権利範囲に入り、盧卡斯社と富可社が特許権侵害に該当すると認定し、法廷で盧卡斯社と富可社の控訴請求を棄却し、一審判決を維持するとの判決を言い渡した。
 
日時:2019年3月27日
ユースソース:最高人民法院
About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.