業界最新情報
RSS 
中文 日本語 English Deutsch  | 
年月で見る
業界最新情報
国家知識産権局:2021年上半期の中国における特許の登録件数は33.9万件
  7月14日、国家知識産権局が北京で2021年第3四半期の定例記者会見を開催し、今年上半期の専利(特許、実用新案、意匠)、商標、地理的表示と集積回路の回路配置の統計データ及び
弊所は5年連続で「IAM Patent 1000」に選出
  近日、知的財産権分野で世界的権威のあるメディア、Intellectual Asset Management (以下、「IAM」という)は公式サイトで、「IAM Patent 1000 - The Worlds Leading Patent Professionals 2021」を発表しま
弊所が代理した商標無効行政紛争事件は最高人民法院知的財産事件年度レポート(2020)に選
  2020年4月27日に、最高人民法院は「最高人民法院知的財産事件年度レポート(2020)」を公表した。当該レポートにおいては、2020年に最高人民法院の結審した知的財産事件から55件の
弊所が代理した「スパークプラグ」にかかる特許権侵害訴訟事件は 一審で勝訴を収め、賠償
  近日、海外の有名なスパークプラグメーカである原告の日本特殊陶業株式会社(以下、原告という)が被告の潍柴火炬科技股份有限公司(以下、火炬公司という)、北京美衆嘉業商
中国国家知識産権局の年度報告(2020年)(抜粋)
  中国国家知識産権局( CNIPA )は 4 月 27 日に、同局の 2020 年度報告を公表した。その抜粋した内容を仮訳して、詳細は以下のとおりである。 2020年、中国の発明特許出願件数は149.7万
2021年無効審判請求事件の審理状況速報(第1四半期)
  2021年第1四半期の無効審判の受理件数は1635件であり、前年同期比55%増であった。特実意それぞれの受理件数及びその割合は、下図のとおりである。 無効審判の受理件数からみれば、
最高人民法院知識産権法廷年度報告(2020)(抜粋)
  2月26日付、最高人民法院知識産権法廷より『最高人民法院知識産権法廷年度報告(2020)』が公表された。同報告には、同法廷が昨年取り扱った事件に関する統計データ及び種類別の
弊所はWTRの2021年度の推薦中国事務所に選出
  近日、世界的権威のある知的財産権メディアである「世界商標評論(world trademark review)」(以下、「WTR」をいう)は2021年度の推薦事務所リストを発表しました。林達劉事務所は再び
弊所が代理した商標「中国中鉄」の拒絶査定不服審判シリーズ案件は 「2019-2020優秀商標代
  12月5日、中華商標協会が主催した、「民法典視点下の商標登録出願と保護」をテーマにした商標の典型案例評価フォーラムが南昌緑地国際博覧センターで行われた。今回のフォーラ
コロナ時代における中国知的財産権事業のあり方
  過ぎ去った2020年は中国にとっても世界にとっても平凡ではない一年でした。2020年初頭に新型コロナウイルスの感染爆発後の武漢ロックダウンから、中国のコロナ対策は、最初の無防

About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
ホットリンク:北京魏啓学法律事務所
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.