特許
RSS 
中文 日本語 English  | 
江蘇省のある電気自動車メーカーは日系企業3社の6種の自動車デザインをコピーし、中国で意...
[ポイント] クレームには多義的な記載がある場合、無効化の勝算を高める観点から無効理...
法律規定-特許
特許法改正案(意見募集稿)の説明 (2019.01)
  特許法改正案(意見募集稿) の説明 ( 「中華人民共和特許法改正案(草案)」に関する説明により抜粋 ) 1. 特許法改正の主な内容 主な改正内容は以下とおりである。 (1)特許権者
知的財産法廷の若干の問題に関する最高裁判所の規定
  知的財産法廷の若干の問題に関する最高裁判所の規定 法釈〔2018〕22号 (2018年12月3日採択、2019年1月1日から施行) 知的財産事件の裁判基準をさらに統一し、各市場主体の適法な権益
知的財産紛争の行為保全事件の審査における法律適用の若干の問題に関する最高裁判所の規
  (2018年11月26日に最高裁判所裁判委員会第1755回会議で可決。2019年1月1日から施行) 法釈〔2018〕21号 知的財産紛争の行為保全事件の正確な審査を図り、当事者の適法な権益を有効に
全国人民代表大会常務委員会による専利などの知的財産事件の訴訟手続に関する若干の問題
  (2018年10月26日付第13期全国人民代表大会常務委員会第6回会議で可決) 知的財産にかかる事件の裁判基準を統一し、知的財産に対する司法による保護をさらに強化し、科学技術イノ
「特許優先審査管理方法」(2017)(第76号)
  国家知識産権局令 第76号 「特許優先審査管理方法」は局務会議の審議を経て可決され、ここに公布し、2017年8月1日から実施する。 局長 申 長雨 2017年6月27日 特許優先審査管理方法
北京市高級裁判所《特許権侵害判定指南》修訂(2017)
  ソース:中国法院網 日付:2017年4月27日 一. 発明、実用新案特許権の保護範囲の確定 (一)保護範囲を確定する解釈原則 1、特許権有効原則。特許権者が主張した特許権が無効にさ
「専利審査指南」改正対照表
  改正内容(第五十五号局令) 改正 (第七十四号局令に基づく改正) 第二部第一章 4.2 :知的活動の法則及び方法 第二部第一章 4.2 :知的活動の法則及び方法 4.2の(2)に下記の記載
特許権侵害紛争事件の審理における法律適用の若干の問題に関する最高裁判所の解釈(二)
  法釈〔2016〕第1号 2016年1月25日に最高裁判所裁判委員会第1676回会議で可決された「特許権侵害紛争事件の審理における法律適用の若干の問題に関する最高裁判所の解釈(二)」は、
国家知識産権局による『専利審査指南』の改正に関する決定(2014年3月12日)
  国家知識産権局令 第68号 「国家知識産権局による『専利審査指南』の改正に関する決定」が、局務会議の審議を経て採択され、ここに公布し、2014年5月1日から施行する。 局長 申
『発明特許出願優先審査管理方法』(第65号)
  (第六十五号) 『発明特許出願優先審査管理方法』は局務会議にて採決された。現在公布し、2012年8月1日から施行する。 局 长 田 力普 2012年6月19日 発明特許出願優先審査管理方法
About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.