商標
RSS 
中文 日本語 English  | 
江蘇省のある電気自動車メーカーは日系企業3社の6種の自動車デザインをコピーし、中国で意...
[ポイント] クレームには多義的な記載がある場合、無効化の勝算を高める観点から無効理...
法律規定-商標
中華人民共和国商標法(改正条文対照表)2019
  現行中華人民共和国商標法 2019 年中華人民共和国商標法改正 ( 2019 年 4 月 23 日第 13 次全国人民代表大会常務委員会第 10 回会議より改正、 2019 年 11 月 1 日より施行) 第一章 総則
最高裁判所による商標の権利付与権利確定に係わる行政事件の審理における若干問題に関す
  2016年12月12日に最高裁判所審判委員会第1703回会議で可決された『最高裁判所による商標の権利付与・権利確定に係わる行政事件の審理における若干問題に関する規定』は、現在、公
商標審判規則
  国家工商行政管理総局令 第65号 『商標審判規則』は、既に国家工商行政管理局局務会議で審議を経て可決し、ここに公布する。2014年6月1日から施行する。 局長 張茅 2014年5月28日 商
馳名商標の認定及び保護に関わる規定(2014.8)
  国家工商行政管理総局令 第66号 『馳名商標の認定及び保護に関わる規定』は国家工商行政管理総局の局クラスの会議にて審議を経て採択されたので、ここに公布する。公布日より
中華人民共和国商標法実施条例(2014.5.1)
  2002年8月3日、中華人民共和国国務院令第358号で公布し、2014年4月29日、中華人民共和国国務院令第651号で改正する。 第一章 総則 第1条 「中華人民共和国商標法」(以下、『商標法』
北京市高級人民法院の「商標の授権 権利確定行政事件に係わる審理ガイドライン」
  一、 馳名商標の認定及び保護について 1.2014年5月1日より施行される商標法(以下は、『商標法』という)第13条第2項又は第3項の規定を適用して、係争商標の登録を拒絶し、無効
最高裁判所による商標の権利付与権利確定に係る行政訴訟の若干問題に関する意見
  各省、自治区、直轄市高等裁判所、解放軍軍事裁判所、新疆維吾尔自治区高等裁判所生産建設兵団分院: 『最高裁判所による商標の権利付与権利確定に係る行政訴訟の若干問題に関
最高裁判所の著名商標の保護に関る民事紛争事件の審理における法律適用の若干問題に関す
  (法釈(2009)3号,2009年4月22日最高裁判所裁判委員会第1467次会議にて通過) 中華人民共和国最高裁判所公告 「最高裁判所の著名商標の保護に関る民事紛争事件の審理における法律
中華人民共和国商標法 (2013.8.30)
  1982年8月23日第5期全国人民代表大会常務委員会第24回会議にて採択。 1993年2月22日第7期全国人民代表大会常務委員会第30回会議「中華人民共和国商標法改正についての決定」に基づき
最高人民法院の商標案件を審理する管轄と法律適用範囲についての問題の解釈
  (2001年12月25日最高人民法院審判委員会第1203回会議通過。法釈(2001)1号。2002年1月9日公布、2002年1月21日施行) 正確に商標案件を審理するため、中華人民共和国商標法」(以下「商
About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.