IP情報
RSS 
中文 日本語 English  | 
判例紹介
スズキ社を代理して冒認意匠出願2件を無効に
  江蘇省のある電気自動車メーカーは日系企業3社の6種の自動車デザインをコピーし、中国で意匠出願した。本稿でご紹介する無効審判請求事件の無効対象は、同自動車メーカーによ
中国特許「LED用電源」の無効化に成功
  [ポイント] クレームには多義的な記載がある場合、無効化の勝算を高める観点から無効理由をどのように構築すべきか。 [概要] 弊所はクライアントの依頼に基づき、発明の名
当所より取り扱った商標「OKAYAMA」に関わる異議申立の件はは「2017年~2018年度優秀商標代理
  案件紹介: 当所は日本岡山県政府、岡山商工会議所、岡山県商工会連合会、岡山県中小企業団体中央会の4つの異議申立人の依頼を受け(以下は「異議申立人」をいう)、2016年11月
N社(中国) vs ST社(中国) (営業秘密侵害紛争)
  ポイント:企業の管理職が離職後独立し、元勤務先の営業秘密を濫用する事件において、証拠が営業秘密侵害紛争事件のポイントとなる。 概要: N社の元管理職が離職後、ST社を設
Deichmann社(ドイツ)vs李勇(中国)(ドメイン名紛争)
  ポイント:他人の商標又はドメイン名を先取り登録する行為は、認められない。 概要:中国の個人である李勇はDeichmann.cn及びDeichmann.com.cnのドメイン名を先取り登録したが、Deichma
D(日本) vs康美特(中国)(発明特許権侵害紛争)
  ポイント:特許の無効審判請求は権利侵害訴訟の根本的な解決方策となる。 概要:本業界の世界的な大手メーカーD社は中国の新興リードメーカーである康美特が特許権を侵害して
R(中国) vs L (中国):(発明特許権侵害紛争)
  ポイント:和解はウィンウィンの実現できるか否か。 概要:本事件は中国染料業界におけるランキングが1位と2位の企業間の特許権紛争で、かつ係争製品はその2社の極めて重要な製
株式会社ブリヂストン(以下、ブリヂストン社という)(日本)vs建新ゴム福建有限公司(以
  ポイント:意匠製品の重要な部品だけを製造することは意匠権侵害になるか。 概要:本事件は意匠権の間接侵害に係るものである。意匠権者であるブリヂストン社はタイヤの意匠権
株式会社ブリヂストン(日本)vs公牛社(浙江杭廷頓公牛ゴム有限公司)(中国):(意匠権侵
  ポイント:被告公牛社が公知意匠の抗弁を主張する場合、公知意匠、イ号製品と係争意匠の三者の関係を如何に判断すればよいか。 概要:本事件は公知意匠の抗弁の法律適用及び意
SOUND AROUND (米国) vs Hangzhou磐石公司(中国)(著作権侵害紛争/商標権侵害紛争)
  ポイント:著作権は商標の先取りされた商標に対する有力な武器になることができる。 概要:SOUND AROUND (米国)は、中国でOEM生産で製品を製造し、米国へ輸出していた。その使用して
  More...
業界最新情報
「特許審査指南」の改訂に関する公告
  「特許審査指南」の改訂に関する公告 新しい技術の迅速な発展の要求に適応し、審査のルール及び審査のモードに対するイノベーターの新たな要望に応え、特許審査の質及び審査効
2018年商標審判案件に係る審決取消訴訟に関する纏めと分析(枠抜け)
  1 、 2018 年の応訴に関する基本情況 2018年、商標審判部が下した審決は計26.52万件で、裁判所から受け取った一審応訴通知書は11,510件で、応訴件数が審決案件全体に占める割合が同期
中国国家知識産権局による印紙税徴収の代行業務の回復に関する公告(第326号)についての
  中国特許出願登録手続きを行うことに当たる印紙税の納付について、中国国家知識産権局は2019年8月12日に公告を発表し、税務機関と調整した結果、2019年8月25日より印紙税徴収の代
中国国家知識産権局は2019年上半期のデータを発表--主要指標が目標を達成し、総合実力が着
  7月9日、中国国家知識産権局は北京で2019年第3四半期の定例発表会を開催し、特許、商標、地理的表示、集積回路の回路配置の2019年上半期の統計データ、及びこれらのデータが現し
裁判長は法廷で判決を言い渡した!最高人民法院知的財産法廷によるファーストガベルが叩
  2019年3月27日午前、中国最高人民法院は、上訴人厦門盧卡斯汽車配件有限公司(以下、「盧卡斯社」と略称)、厦門富可汽車配件有限公司(以下、「富可社」と略称)VS被上訴人フラ
「中華人民共和国技術輸出入管理条例」の改正内容及び弊所のコメント
  改正内容: 1. 第24条3項、すなわち、「 技術輸入契約の譲受人が契約に従って譲渡人が提供した技術を使用した結果、他人の合法的権益を侵害する場合、その責任は譲渡人が負う。
張茅、申長雨は記者団の質問に答えた--特許、商標の新しい動向
  中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは11日、「市場監督・管理の強化と市場秩序の擁護」に関する記者会見を開き、張茅(ちょう・ぼう)国家
特許審判委員会、商標審判委員会、商標審査協力センターの中国国家知識産権局への統合
  2月15日、中国国務院は公式サイトにて、旧商標審判委員会主任の趙剛氏が中国国家知識産権局副局長に任命されたと公表した。 2月14日に、国家知識産権局第295号公告は決定され、
AI技術の活用によるスマート審査――図形商標のスマート検索機能は正式に稼動された
  1月25日、図形商標のスマート検索機能は正式に稼動された。これは、中国商標情報化の構築にあたり、商標オンラインサービスシステムが全面的に稼動され、商標データベースの社
新「専利代理条例」が2019年3月1日に施行
  報道によると、新「専利代理条例」は国務院常務会議の審議を経て、 2019 年 3 月 1 日に施行される 。今回の改正は、「専利代理人」を「専利代理師」に変更し、特許代理業界の参入
  More...
所内活動
高き志を持つ、感謝の心を忘れず――2018年林達劉事務所新年会
  時は矢のように飛んで過ぎ、2018年もあっという間に終わりました。去った1年に別れを告げて新しい1年を迎えるようになりました。 2018年林達劉事務所新年会は2019年1月18日の午後に
所員の風采を示す舌鋒鋭い論争――林達劉グループ第一回ディベートが開催
  去る8月18日をもちまして、林達劉事務所は設立15周年を迎えることになりました。事務所設立以来、一貫して「信義誠実、品質確保」の経営理念を持ち、絶えずに探索しながら、業
林達劉日本語コーナー設立8周年記念イベント
  初夏の蝉の鳴き声が響く中、林達劉日本語コーナーは8歳の誕生日を迎えました。8年前のこの頃、林達劉日本語コーナーは、「一緒に日本語を勉強しましょう」という熱意を持つ所
林達劉グループ第2回縄跳び大会が開催
  青葉や花々の香りに満ちあふれ、太陽の光がポカポカする穏やかな初夏。この風薫り、活気に溢れる季節に、林達劉グループ第2回縄跳び大会が勢い良く開催されました。 所員達は
アフリカ知的所有権機関が林達劉事務所を訪問
  3月21日午前10時、林達劉事務所の副所長李茂家弁理士、国内部部長張宝瑜弁理士、商標部部長・商標弁理士肖暉、商標部欧米市場業務主管郜宇、企画部担当竇晴は、遠路はるばる林達
林達劉日本語コーナー設立7周年記念イベント
  柳絮がひらひら舞い、色とりどりの花が美しい希望溢れる春。7年前ののどかな春の日、林達劉の志を共にする所員によって設立された日本語コーナーは、7年の歳月を経て、ここま
開かれた謙虚な心で時代と共に
  北京林達劉知識産権代理事務所 所長 劉 新宇 2016年8月18日、林達劉事務所は設立13周年を迎えることができました。この13年間の歩みを振り返ってみますと、林達劉グループの所員は
林達劉事務所に対する理解、未来への展望について――林達劉事務所所員による対談
  陳 濤 電気・電子部 陳 曦 化学部 王 岩 化学部 左 競 化学部 瀋 顕華 機械部 光陰矢の如しとはよく言ったもので、お陰様で林達劉事務所はまもなく設立13周年を迎えます。今年の夏
林達劉グループ日本語コーナー6周年記念イベント開催
  北京では4月、玉淵潭公園で桜吹雪が舞いだした後、桜にバトンタッチして、元大都公園のカイドウが満開を迎えました。このような春爛漫の季節に、林達劉グループ日本語コーナー
林達劉グループ2015年年会の開催
  林達劉グループでは1月10日、春節を前にして、1年に1度の事務所の年会を開催しました。 今回の年会は、2部制で行われ、第1部は、部門代表の所員がこの1年を振り返り、それぞれの
  More...
About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.