業界最新情報
RSS 
中文 日本語 English Deutsch  | 
年月で見る
業界最新情報
「特許に係る国家標準に関する管理規定(暫定)」が施行
  国家標準化管理委員会と国家知識産権局が共同で作成した「特許に係る国家標準に関する管理規定(暫定)(以下「規定」という)」が施行された。 同「規定」は、特許に係る国家
中国文学芸術界連合会が「著作権ライセンス契約」を発表
  中国文学芸術界連合会は先ごろ、「著作権ライセンス契約(以下、「ライセンス契約」という)」の参考版を発表した。「ライセンス契約」は、中国の各文芸協会の契約作成や多く
ZTEに今年初めての『337条調査』発動
  今年に入り海外進出している中国企業に対して、「337条調査」が発動された。米国国際貿易委員会(ITC)は1月17日、中興通訊(ZTE)及びほかの多国籍企業3社が米国で販売している携
2013年知的財産権に関するデータ発表
  1.中国商標出願件数188万件に 中国工商行政管理総局の最新統計データによると、中国における商標登録出願件数は昨年188万件を超え、前年比で14.15%増の188万1546件に達した。また
昨年中国における特許出願の構成の最適化と質の向上進む
  中国知識産権局が先ごろ公表した最新統計データによると、中国知識産権局が2013年受理した発明特許出願件数は前年比26.3%増の82万5000件に、発明特許登録件数は前年比4.1%減の
5庁間のPPH試行プログラム1月6日より開始
  欧州特許庁(EPO)、日本特許庁(JPO)、韓国特許庁(KIPO)、中国国家知識産権局(SIPO)及び米国特許商標庁(USPTO)は2013年9月, スイスのジュネーブで2014年1月よりIP5(上記5庁をIP5という)
中国ソフト製品に関する「337条調査」における初勝訴
  ZTEとHuaweiが米国「337条調査」で勝訴したのに続いて、米国際貿易委員会(ITC)は先ごろ、携帯の入力方法に関する「337条調査」について早期判決を下した。上海漢翔信息技術が米国
「金駿眉」終審で通用名称として認定
  代表的なハイエンド紅茶「金駿眉」は一体企業商標であるのか、それとも通用名称であるのかを巡る商標異議申立不服審判事件の終審判決で、北京市高等裁判所は、「金駿眉」は紅
「中国知識産権局による『特許審査基準』改正についての決定」(第67号)
  第67号 「中国知識産権局による『特許審査基準』改正についての決定」は中国知識産権局の局務会議にて審議のうえ採決され、ここに公布し、2013年10月15日より施行するものとする
林達劉事務所「2016年中国10強特許代理事務所」に選出
  IPRdaily 主催の「2016年グローバル知的財産権環境保護大会(2016 Global Intellectual Property EcologyCongress」(GIPC 2016)が2016年11月26日北京で開催された。同大会には、国家知識産権局特許管理
About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.