特許
「牝牡驪黄(ひんぼりこう)」で発明の構想を見抜け ——発明の構想と進歩性主張について
  北京林達劉知識産権代理事務所 1 .見過ごされやすい重要段階 研究開発は通常、(1)課題発見・提起、(2)目標設定、(3)新しい概念、思想、技術、理論等の解決手段の見出し、
疾患の診断・治療方法の権利化問題について
  北京林達劉知識産権代理事務所 中国弁理士 耿之光 医療製品・サービスの市場拡大に伴い、医療関連の特許出願も増えている。一方、中国特許法によれば、疾患の診断及び治療の方
進歩性判断における「課題提起」への考察
  北京林達劉知識産権代理事務所 機械部 特許弁理士 宋永傑 【要約】発明の進歩性は「課題の解決手段」に由来することもあれば、「課題提起」に由来することもあると考えられる。
拒絶理由通知における「技術常識」の指摘への対応について
  北京林達劉知識産権代理事務所 機械部 弁理士 王 春チョウ 中国では、特許出願の実体審査において、審査官が拒絶理由通知でクレームの若干の構成要件を「技術常識」と認定して
中国特許審査基準の改訂によるバイオ医薬分野での追試提出及び進歩性判断への 影響につい
  北京林達劉知識産権代理事務所 中国弁理士 劉 賀 2020年12月14日、中国特許庁は公式サイトにて「特許審査基準の改訂に関する中国特許庁の公告(第391号)」を発表した。同公告に係
「特許審査指南」の改訂に関する紹介--意匠出願編
  北京林達劉知識産権代理事務所 中国弁理士 王 雪(Xue Wang) 中国国家知識産権局(CNIPA)は2019年9月23日に、「特許審査指南」の改訂に関する第328号公告を公布し、当改訂が2019年11月
2020年中米貿易協定の知財関連規定による医薬分野への影響について
  北京林達劉知識産権代理事務所 中国弁理士 劉 文瀚 2020年1月15日、中米両政府は「中華人民共和国政府とアメリカ政府との経済貿易協定」(以下、「協定」という。)に署名した。
AI技術の中国での権利化に関するアドバイス
  北京林達劉知識産権代理事務所 中国弁理士 周 蕾 人工知能(AI)は、現在の科学技術分野で最も重要なホットトピックの1つであり、AI技術をめぐる知的財産権の保護も法曹界及び革
人工知能アルゴリズムに関する発明の保護対象問題についての検討
  北京林達劉知識産権代理事務所 中国弁理士 張 文慧 国家知識産権局が2019年12月31日に発表した最新改訂版の「特許審査指南」は、2020年2月1日より施行されている。改訂版の「特許審
一つの判例に基づく優先権と新規性の判断基準の相違点についての一考察
  北京林達劉知識産権代理事務所 化学部 中国弁理士 于 萌(Meng YU) 特許実務において、新規性を有する否かを判断するのは常に必要で、優先権を享有できるかどうかを判断する必要

ホットリンク:北京魏啓学法律事務所
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.
ホットリンク:北京魏啓学法律事務所
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.