判例紹介
RSS 
中文 日本語 English Deutsch  | 
特許無効審判請求
無効審判及び審決取消訴訟を経て発明特許「サイドリリースバックル」の有効性を維持
  ガイド:意匠権を証拠として発明特許の進歩性を評価するとき、図面に開示される内容は直接的かつ一義的に確定できるものでなければならない。技術的示唆を評価するとき、美観
無効審判で発明特許「圧縮耐久性に優れた網状構造体」の有効性を維持
  ポイント:原材料及び / 又は製造方法が同じ又は類似でない場合、証拠に記載されていない構成要件は実質的な相違点になる。 概要:特許権者の生産する新世代のクッション材料で
弊所が代理した発明特許「変速機構の伝達メカニズム」に係る審決取消訴訟で勝利
  ポイント:構成要件が複雑である先行技術の構造を簡潔化にさせる特許について、複数の相違点による効果を考慮する際に、各構成要件だけではなく、これらの構成要件をまとめて
無効審判で発明特許「同軸コネクタ」の有効性を維持
  ポイント:1つの請求項が証拠に対して実質的な相違点を有しており、かつ両者の解決しようとする課題も異なる場合、当該請求項はこの証拠に対して新規性を具備すると考えられ
「店面(ミルクティーショップ)」意匠権の無効化に成功
  [ ガイド ] 本事件において、先行している商標権を証拠として、名称が「店面(ミルクティーショップ)」である意匠権に対して無効審判を提起し、国家知識産権局特許審判部が、
スズキ社を代理して冒認意匠出願2件を無効に
  江蘇省のある電気自動車メーカーは日系企業3社の6種の自動車デザインをコピーし、中国で意匠出願した。本稿でご紹介する無効審判請求事件の無効対象は、同自動車メーカーによ
中国特許「LED用電源」の無効化に成功
  [ポイント] クレームには多義的な記載がある場合、無効化の勝算を高める観点から無効理由をどのように構築すべきか。 [概要] 弊所はクライアントの依頼に基づき、発明の名
意匠特許に係る6件の無効審判で勝利
  弊所(北京林達劉知識財産権代理事務所)は、クライアントからの依頼を受け代理していた食品パッケージの意匠特許6件に係る無効審判請求において、先ごろ特許審判委員会より、
弊所が代理した意匠権侵害紛争事件が一審勝訴で賠償金320万元を獲得
  ポイント:意匠の類否判断、高額の損害賠償金の獲得 概要:パナソニック株式会社(以下、パナソニック社という)は「スチーマー」にかかる意匠権を享有している。当該「スチー
無効審判で発明特許「プレコーテッドサンド及びその製造方法及び複合透水性レンガ」の有
  請求項が明細書によりサポートされているか否か、不明確であるか否か、及び進歩性の有無を如何に判断するのか。 概要: 無効審判請求人が、名称が「プレコーテッドサンド及び
  More...
商標案件
当所より取り扱った商標「OKAYAMA」に関わる異議申立の件はは「2017年~2018年度優秀商標代理
  案件紹介: 当所は日本岡山県政府、岡山商工会議所、岡山県商工会連合会、岡山県中小企業団体中央会の4つの異議申立人の依頼を受け(以下は「異議申立人」をいう)、2016年11月
SOUND AROUND (米国) vs Hangzhou磐石公司(中国)(著作権侵害紛争/商標権侵害紛争)
  ポイント:著作権は商標の先取りされた商標に対する有力な武器になることができる。 概要:SOUND AROUND (米国)は、中国でOEM生産で製品を製造し、米国へ輸出していた。その使用して
王子ホールディングス株式会社(以下、王子社という)(日本)vs アモイアニー股份公司(
  ポイント:証拠チェーンを用いて、先取り登録され10年になる商標を取消した。 概要:王子社は早くも1930年代に、日本で「王子」、「oji」及び「環状の紙に取り巻かれた地球(図)
東洋インキ株式会社(以下、東洋インキ社という)(日本)vs大東洋油墨有限公司(以下、大
  ポイント:他人の商標を自分の商号とすることは、良い対策ではない。 概要:東洋インキ社は世界的に有名な印刷インキメーカーで、中国にも多数の関連会社があり、それらの関連
スズキ株式会社(以下、スズキ社という)vs中国長鈴グループ(以下、長鈴グループという)
  ポイント:提携関係終了後、他人の商標を継続使用してはいけない。 概要:スズキ社と中国長鈴グループとは1980年代に提携関係を有していた。提携関係が終了したにもかかわらず
ウェスティンホテル(米国)vs 開化県金松源荘食品城(以下、開化食品城という)(中国)
  ポイント:同一又は類似の商標の異なった区分での登録出願は認められるか。 概要:中国の菓子店である開化食品城は、ケーキ、茶などの指定商品として「Westin威斯汀及び図」商標
無効宣告請求で知名商標「EAGLEBURGMANN」の有効性を維持
  ポイント:知名商標にとっては、第三者に冒認出願されないように、関連商品の保護範囲をできるだけ拡大する必要がある。商標が関連商品における冒認出願によって、初歩査定し
パナソニックVS広東三藍薬業(中国)(商標無効宣告請求事件:本事件において、漢字「松下
  ポイント:自社ブランドを誠実と信用をもって経営することで、他人がブランドの名声や信用を無断で便乗しようとする「フリーライド(ただ乗り)」を防ぐこと 概要:中国の広東
世界的な芸術家の氏名権を侵害した複数の商標を無効に
  ポイント:氏名権を利用して、悪意で冒認出願された商標を如何に無効にできるか。 概要:Romero Britto氏は世界的に有名な流行芸術家で、その作品は、コレクターだけではなく、大
弊所が代理した商標審決取消行政訴訟で勝訴を収め商標登録
  ポイント:商標の類否は構成要素の類似だけで判断できない 概要: 東京急行電鉄株式会社(以下「東急社」という)はその英文商号「TOKYU」を複数区分に登録出願したが、2020年東
  More...
権利侵害紛争事件
N社(中国) vs ST社(中国) (営業秘密侵害紛争)
  ポイント:企業の管理職が離職後独立し、元勤務先の営業秘密を濫用する事件において、証拠が営業秘密侵害紛争事件のポイントとなる。 概要: N社の元管理職が離職後、ST社を設
Deichmann社(ドイツ)vs李勇(中国)(ドメイン名紛争)
  ポイント:他人の商標又はドメイン名を先取り登録する行為は、認められない。 概要:中国の個人である李勇はDeichmann.cn及びDeichmann.com.cnのドメイン名を先取り登録したが、Deichma
D(日本) vs康美特(中国)(発明特許権侵害紛争)
  ポイント:特許の無効審判請求は権利侵害訴訟の根本的な解決方策となる。 概要:本業界の世界的な大手メーカーD社は中国の新興リードメーカーである康美特が特許権を侵害して
R(中国) vs L (中国):(発明特許権侵害紛争)
  ポイント:和解はウィンウィンの実現できるか否か。 概要:本事件は中国染料業界におけるランキングが1位と2位の企業間の特許権紛争で、かつ係争製品はその2社の極めて重要な製
株式会社ブリヂストン(以下、ブリヂストン社という)(日本)vs建新ゴム福建有限公司(以
  ポイント:意匠製品の重要な部品だけを製造することは意匠権侵害になるか。 概要:本事件は意匠権の間接侵害に係るものである。意匠権者であるブリヂストン社はタイヤの意匠権
株式会社ブリヂストン(日本)vs公牛社(浙江杭廷頓公牛ゴム有限公司)(中国):(意匠権侵
  ポイント:被告公牛社が公知意匠の抗弁を主張する場合、公知意匠、イ号製品と係争意匠の三者の関係を如何に判断すればよいか。 概要:本事件は公知意匠の抗弁の法律適用及び意
  More...

About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
ホットリンク:北京魏啓学法律事務所
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.