権利侵害紛争事件
RSS 
中文 日本語 English  | 
[ ガイド ] 本事件において、先行している商標権を証拠として、名称が「店面(ミルクティーショップ)」である意匠権に対して無効審判...
江蘇省のある電気自動車メーカーは日系企業3社の6種の自動車デザインをコピーし、中国で意匠出願した。本稿でご紹介する無効審判請求...
株式会社ブリヂストン(以下、ブリヂストン社という)(日本)vs建新ゴム福建有限公司(以下、建新公司という)等(中国):(意匠権侵害紛争)


ポイント:意匠製品の重要な部品だけを製造することは意匠権侵害になるか。

概要:本事件は意匠権の間接侵害に係るものである。意匠権者であるブリヂストン社はタイヤの意匠権を享有していたが、建新公司などはタイヤの製造ではなく、タイヤのトレッドゴムの製造企業であった。建新公司等が製造したタイヤのプレキュアトレッドパターンは意匠権者であるブリヂストン社のタイヤパターンと実質的に差異がないため、弊所は建新公司などに対して、間接権利侵害で、裁判所に訴訟を提起した。しかし、一審裁判所は、間接侵害の事由については審理せず、タイヤとタイヤのプレキュアトレッドは同種類の製品ではないとして、意匠権侵害は成立しないと認定した。最終的に、二審裁判所が弊所の意見を全面的に認め、意匠権に基づく間接侵害が成立すると認定した。

About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.