商標案件
RSS 
中文 日本語 English  | 
商標案件
SOUND AROUND (米国) vs Hangzhou磐石公司(中国)(著作権侵害紛争/商標権侵害紛争)
  ポイント:著作権は商標の先取りされた商標に対する有力な武器になることができる。 概要:SOUND AROUND (米国)は、中国でOEM生産で製品を製造し、米国へ輸出していた。その使用して
王子ホールディングス株式会社(以下、王子社という)(日本)vs アモイアニー股份公司(
  ポイント:証拠チェーンを用いて、先取り登録され10年になる商標を取消した。 概要:王子社は早くも1930年代に、日本で「王子」、「oji」及び「環状の紙に取り巻かれた地球(図)
東洋インキ株式会社(以下、東洋インキ社という)(日本)vs大東洋油墨有限公司(以下、大
  ポイント:他人の商標を自分の商号とすることは、良い対策ではない。 概要:東洋インキ社は世界的に有名な印刷インキメーカーで、中国にも多数の関連会社があり、それらの関連
スズキ株式会社(以下、スズキ社という)vs中国長鈴グループ(以下、長鈴グループという)
  ポイント:提携関係終了後、他人の商標を継続使用してはいけない。 概要:スズキ社と中国長鈴グループとは1980年代に提携関係を有していた。提携関係が終了したにもかかわらず
ウェスティンホテル(米国)vs 開化県金松源荘食品城(以下、開化食品城という)(中国)
  ポイント:同一又は類似の商標の異なった区分での登録出願は認められるか。 概要:中国の菓子店である開化食品城は、ケーキ、茶などの指定商品として「Westin威斯汀及び図」商標
無効宣告請求で知名商標「EAGLEBURGMANN」の有効性を維持
  ポイント:知名商標にとっては、第三者に冒認出願されないように、関連商品の保護範囲をできるだけ拡大する必要がある。商標が関連商品における冒認出願によって、初歩査定し
無効宣告請求で知名商標「EAGLEBURGMANN」の有効性を維持
  ポイント:知名商標にとっては、第三者に冒認出願されないように、関連商品の保護範囲をできるだけ拡大する必要がある。商標が関連商品における冒認出願によって、初歩査定し
パナソニックVS広東三藍薬業(中国)(商標無効宣告請求事件:本事件において、漢字「松下
  ポイント:自社ブランドを誠実と信用をもって経営することで、他人がブランドの名声や信用を無断で便乗しようとする「フリーライド(ただ乗り)」を防ぐこと 概要:中国の広東
世界的な芸術家の氏名権を侵害した複数の商標を無効に
  ポイント:氏名権を利用して、悪意で冒認出願された商標を如何に無効にできるか。 概要:Romero Britto氏は世界的に有名な流行芸術家で、その作品は、コレクターだけではなく、大
弊所が代理した商標審決取消行政訴訟で勝訴を収め商標登録
  ポイント:商標の類否は構成要素の類似だけで判断できない 概要: 東京急行電鉄株式会社(以下「東急社」という)はその英文商号「TOKYU」を複数区分に登録出願したが、2020年東
About us | 連絡先 | リソース | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
©2008-2017 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.