権利侵害紛争事件
RSS 
中文 日本語 English  | 
権利侵害紛争事件
N社(中国) vs ST社(中国) (営業秘密侵害紛争)
  ポイント:企業の管理職が離職後独立し、元勤務先の営業秘密を濫用する事件において、証拠が営業秘密侵害紛争事件のポイントとなる。 概要: N社の元管理職が離職後、ST社を設
Deichmann社(ドイツ)vs李勇(中国)(ドメイン名紛争)
  ポイント:他人の商標又はドメイン名を先取り登録する行為は、認められない。 概要:中国の個人である李勇はDeichmann.cn及びDeichmann.com.cnのドメイン名を先取り登録したが、Deichma
D(日本) vs康美特(中国)(発明特許権侵害紛争)
  ポイント:特許の無効審判請求は権利侵害訴訟の根本的な解決方策となる。 概要:本業界の世界的な大手メーカーD社は中国の新興リードメーカーである康美特が特許権を侵害して
R(中国) vs L (中国):(発明特許権侵害紛争)
  ポイント:和解はウィンウィンの実現できるか否か。 概要:本事件は中国染料業界におけるランキングが1位と2位の企業間の特許権紛争で、かつ係争製品はその2社の極めて重要な製
株式会社ブリヂストン(以下、ブリヂストン社という)(日本)vs建新ゴム福建有限公司(以
  ポイント:意匠製品の重要な部品だけを製造することは意匠権侵害になるか。 概要:本事件は意匠権の間接侵害に係るものである。意匠権者であるブリヂストン社はタイヤの意匠権
株式会社ブリヂストン(日本)vs公牛社(浙江杭廷頓公牛ゴム有限公司)(中国):(意匠権侵
  ポイント:被告公牛社が公知意匠の抗弁を主張する場合、公知意匠、イ号製品と係争意匠の三者の関係を如何に判断すればよいか。 概要:本事件は公知意匠の抗弁の法律適用及び意
About us | 連絡先 | リソース | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
©2008-2017 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.