権利侵害紛争事件
RSS 
中文 日本語 English Deutsch  | 
ポイント:原材料及び / 又は製造方法が同じ又は類似でない場合、証拠に記載されていない構成要件は実質的な相違点になる。 概要:特...
ポイント:構成要件が複雑である先行技術の構造を簡潔化にさせる特許について、複数の相違点による効果を考慮する際に、各構成要件...
N社(中国) vs ST社(中国) (営業秘密侵害紛争)


ポイント:企業の管理職が離職後独立し、元勤務先の営業秘密を濫用する事件において、証拠が営業秘密侵害紛争事件のポイントとなる。

概要: N社の元管理職が離職後、ST社を設立し、ST社ではN社と同一の商品を経営していた。弊所は初歩的な証拠の収集後、ST社を営業秘密侵害として、訴訟を提起し、証拠保全を申請した。営業秘密侵害事件の立証が難しいとの問題点があるが、裁判所は、ST社において現場保全した図面にN社のロゴがついているものもあったため、本事件は最終的な勝利を収めることができた。


About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
ホットリンク:北京魏啓学法律事務所
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.