権利侵害紛争事件
RSS 
中文 日本語 English  | 
江蘇省のある電気自動車メーカーは日系企業3社の6種の自動車デザインをコピーし、中国で意匠出願した。本稿でご紹介する無効審判請求...
[ポイント] クレームには多義的な記載がある場合、無効化の勝算を高める観点から無効理由をどのように構築すべきか。 [概要] 弊...
D(日本) vs康美特(中国)(発明特許権侵害紛争)


ポイント:特許の無効審判請求は権利侵害訴訟の根本的な解決方策となる。

概要:本業界の世界的な大手メーカーD社は中国の新興リードメーカーである康美特が特許権を侵害していると主張し、訴訟を提起するとともに、記者会見を開き、康美特公司の特許権侵害行為を大々的に宣伝した。弊所は、本事件の無効審判及び特許権侵害訴訟の代理した。最終的に、特許権侵害訴訟が正式に開始する前に、D社の特許を無効にすることができ、康美特の徹底的な勝利のために協力をした。

About us | 連絡先 | ホームページに設定する | お気に入り | ホームに戻る
©2008-2025 By Linda Liu & Partners, All Rights Reserved.